エアコンの取り外しは業者相談がお得で楽ちんな道です

担当者

修理と買い替えの選択

住宅

急遽壊れると意外と困るのがエアコン。しかも、夏の暑い時期や冬の寒い時期、活躍してもらわないと困る時期に故障するのが多いから困ったものです。使う時になって故障しているのを把握するケースも多々あります。

詳しくはコチラ

取り付けと取り外し

家族

買い替えや、新しく部屋にエアコンを購入すると設置工事が必要になります。買い替えの場合は取り外しと取り付け、新しく買った場合は取り付け工事を行ないます。エアコンを買ったら業者に相談しましょう。

詳しくはコチラ

交換作業は依頼がオススメ

スタッフ

エアコンの故障での交換や、買い替えを行なう際に、古いエアコンの廃棄を行なうための取り外し作業が必要になります。突然エアコンが故障してしまい、「かなり古いエアコンだったし、自分で中古購入して、少しでも安く費用を抑えることができないか」と節約意識で情報を探している人も多いことでしょう。しかしエアコンを取り外す作業は自力で行なうにはかなり難易度が高い作業です。エアコン自体も結構な重さがあるので、1人でなんとかなるとは考えない方が良いでしょう。
なぜ自力で取り外し作業を行なうのが大変なのかというと、そこにはまずエアコンの知識が必要になります。受け側のパイプや壁を通っている配管の構造、室外機カバーの開け方や起こりうるトラブルなどに対処ができるかということが、最初の関門になります。そして次の関門は下準備の道具が意外と多いことです。ニッパー、ドライバー、スパナ、六角レンチ、ガムテープ、ビニールテープ、軍手、カッターナイフ、軍手にペンチ、貫通の穴を塞ぐのにパテやエアコンキャップといったエアコン取り外しに使うアイテムを用意する必要があります。普段から日曜大工や機械に携わっていないとこうしたアイテムがなく、それを揃えるだけでもコストが高くなってしまう恐れがあります。エアコン自体も重さが有り、壁から外すのも一苦労です。エアコンの取り外しにおいては4000円程度から対応可能の所もありますので、工具を揃えて自分で行なうよりも、コスト面では安いと考えられます。

コストと労力で考える工事

不動産

引っ越し先でエアコンがなく、エアコンを通販サイトやオークションで購入すると通販では設置や取り付けを行なっていないケースが多くあります。この時のエアコンの取り付けは自身で行なうより業者に相談しましょう。

詳しくはコチラ